~生きとし生けるものが幸せでありますように~

ダンマナンダ長老
『ハッピー・マリード・ライフ - 仏教の教える幸せな結婚生活とは?』

第十二章 まとめ

結婚は二人のパートナーシップです。このパートナーシップは、二人の人格の成長が伴うことができた時に、豊かで一層充実したものになります。
多くの結婚は、一方のパートナーが他方の「ツバメ」になろうとしたり、一方が全面的な自由を要求することで、失敗しています。
仏教によれば、結婚はお互いの信条やプライバシーへの理解と尊敬を意味します。
うまくいく結婚は、「でこぼこ」しながらも、いつも二人(双方向)の道です。難しいことですが、うまくいく結婚とは、いつもお互いさまの道のりなのです。

この国や他の国々の若い人々はしばしば、「古風な考え方」は現代社会には関係ないと考えています。
彼らは、決して時代遅れにはならないいくつかの変わらない真理があるということを忘れるべきではありません。
仏陀の時代の間に真実だったことは、今日もいまだに真実のままなのです。

大変に素敵なテレビ番組を通して、私たちが受け取っているいわゆる現代社会というものは、西洋において最も品格のある人々の考え方や振る舞い方を描写していません。
東洋のカップルたちと同様にとても敬虔で結婚について「保守的」な品格あるカップルたちは膨大な「サイレント・マジョリティー」(声なき声)となっています。
彼らはマスメディアが描くような仕方では振る舞いません。
すべての西洋の人々が一度の喧嘩や争いのあとに離婚や妊娠中絶に走るわけではないのです。

世界中の品格ある人々は同じです。彼らは無私であり、愛する人々を深くケアします。
彼らは、幸福と安定した結婚を確かなものとするために、非常に大きな自己犠牲を払い、愛と理解を育みます。
もしあなたが西洋を真似したいならば、「サイレント・マジョリティー」を真似してください。
彼らはあなたの近所に住んでいる品格ある隣人たちとなんら変わりません。


若い人々はまた、年長者に耳を傾けねばなりません。
なぜならば、結婚生活についての若い人々の理解は未熟だからです。
若い人々は、結婚や離婚について、性急な結論をすべきではありません。
若い人々は、多くの忍耐、寛容、相互理解を持たねばなりません。
さもなくば、その人生は大変にみじめで問題のあるものにもなりかねません。
忍耐、寛容、そして理解は、結婚においてすべての人々が守り実践すべき重要なディシプリン(訓練・規律・分野)なのです。

安全であり満足した感情は相互の理解から生じるものであり、そのことこそが「ハッピーマリードライフ」(幸福な結婚生活)の「秘訣」なのです。

bukki2.png











QRcode.png
mobile site