~生きとし生けるものが幸せでありますように~

HOME > ライブラリ > ダンマナンダ長老 仏教における人間の尊厳について > 1ページ

ダンマナンダ長老
「仏教における人間の尊厳について」

人間の尊厳という、このシンプルですが、しばしば混乱しているテーマについて、
仏教の見地から、議論できる範囲で確認をしてみましょう。


人間の持つ性質において、尊厳や高貴さを育むものとは一体何でしょうか?

それは、私たち人間が日々のお互いの関係の中で守り大切にしている、
道徳や倫理や、知性や精神の規範が、元となってできています。

人間として、私たちは心を持っています。

その心が、善悪の違いや、誇りに思うことと恥じるべきこととの間の違いを
知ることができるように、私たちは心を育てることができます。

人間として、私たちは皆、これらの人間らしい性質を大切にしています。

このような価値を大切にしているかどうかということで、
私たちは自らを人間であるか動物であるかの区別をしています。


私たちの宗教の本(仏典)において人間を表している「マヌーシャ」という言葉は、
「心を育てることができる者」という意味です。

心を育てることができるとは、何が倫理にかない、何がそうでないか、何が道徳的で、
何が非道徳的か、何が良いことで、何が悪いことか、何が正しく、何が間違っているかについて、
判断できるようになるための考える力を、人が育て、維持することができるということを意味しています。

これらの性質は人間の持っているものの中にあります。

動物はこのような性質は持っていません。動物は本能によって行動しています。

人間は、高いところまで、仏陀の境地に達するところにまでさえ、
心や考える力を育てることができる唯一の生きものと考えられます。


さまざまな宗教が現れる以前、人間は二つの大事な要素によって導かれていました。

原始時代においても、その二つの要素は人間の尊厳を支えてきました。

その二つの要素とは、パーリ語で「ヒリ(Hiri)」と「オッタッパ(Ottappa)」といいます。
「恥」と「畏れ」と訳されます。

これらの二つの要素、恥と畏れは、常に人間のあらゆる行動を左右し、
それによって、動物と人間の行為との区別がなされてきました。

しかしながら、人間が恥と畏れという二つの大事な要素を維持することに失敗した時、
つまり、麻薬や酒や度を越した性欲や、怒りや貪欲やねたみや利己心や憎しみに人が屈服してしまった時には、
人は自らのバランスを失い、人間としての尊厳を保つ自らの権利を否定してしまいます。

恥と畏れがなければ、人間は動物と変わりありません。

   

|1|2|3|4|5|6|7|8|

bukki2.png











QRcode.png
mobile site